スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキマー 

さて昨日は400水槽のエアリフト式プロテインスキマーを清掃したわけですが1200水槽のスキマーも清掃してみました、以前は毎日清掃していたスキマーですが最近では汚水を取るだけでまったく清掃していませんでした、もう少しがんばらなくてはいけませんね(汗)

プロテインスキマーといえば以前廃材を使ってベケヘッドまで取り寄せて必死になり作ったスキマーがありましたが結果的にあれは却下でした、理由は本体が邪魔なのとポンプの電気代です、
D1001702.jpg


最新型のポンプはそれほど電気代もかからないみたいですが私が所有しているポンプは恐ろしいほど電気代がかかるんです、
D1001267.jpg


ポンプというのは汲み上げる高さ(揚程)と中を通る液体の粘度?で電気使用量が変わってくるそうです、ですので職場でテスト稼動していたスキマーのポンプを電気屋さんに実測で測定して頂いたんです、
D1001268.jpg
いろいろ書いてありますが素人の私には???です、これって何Wなの?って感じです、
実測の結果は102V、173wでした、うちの地域は50hzですのでどうやら写真の中のIN PUT180Wってやつがそれなんでしょうね、OUT PUTの85Wに近い数値が実測で出たらこのスキマーも使っていたかもしれませんが、173Wを24時間運転していたらとんでもない電気代の請求書がきてしまいます、仮に1kw20円だとしても24時間で83円?1ヶ月では2500円くらいかかってしまうわけですよね?それに今は1kw20円ってこともないだろうし、そんなのうちでは無理です、このスキマーは3000×800×800水槽を立ち上げたときにでも使います

そもそも海の近くに住んでいて天然海水が汲み放題なのにパワースキマーなんていらないんですよね、本気になれば天気が良く海が荒れていない日なら車で数分の距離でいつでも海水が汲めるわけですからね・・・暇だし^^


あともうひとつ踏み切れなかった原因はクイーンのプロテインスキマーでも十分に汚水を取れるんです
dsc01727.jpgSANY2902.jpg
本来このスキマーに使用するポンプはRio2100・Rio2500などが理想なようですが私は手持ちのRio1100を使っています、2100や2500を使えばさらに性能を発揮できるんでしょうね
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。